野菜不足で肌荒れ

肌荒れを解消するために食事で気を付けたいこと

肌荒れを解消するために食生活で気を付けたいこととはどのような事があるのでしょうか?

 

まずは食事の内容です。

 

肉や魚、豆類といったたんぱく質中心の食生活は、実は腸内環境を悪化させてしまう原因です。

 

腸内の悪玉菌の餌はたんぱく質で、たんぱく質中心の食事を続けると悪玉菌の餌が増えますのでどうしても腸内環境が悪くなりやすくなります。

 

逆に、糖質をエサにするのが善玉菌と呼ばれている乳酸菌やビフィズス菌です。

 

乳酸菌やビフィズス菌はオリゴ糖などが大好物になります。

 

乳酸菌やビフィズス菌は野菜や発酵食品にとても多く含まれていますので、食生活の中に積極的に取り入れていくということが大切になってきます。

 

野菜には乳酸菌やビフィズスキンの餌になるオリゴ糖などの糖類も含まれていますので、善玉菌とその餌を一緒に取り入れることが出来ますよね。

 

また野菜には食物繊維も含まれています。

 

この食物繊維は便秘を解消させるためには必要不可欠な栄養素になっています。

 

便秘は腸内環境を悪化させ、さらにガスが発生しこれも肌荒れの原因となります。

 

野菜や発酵食品を中心とした食生活を送ることは肌荒れを改善させるためには必要なんですよ。