野菜不足で肌荒れ

肌荒れを解消するために日常生活で気を付けたいこと

どんなに食生活に気を付けても肌荒れが起こることがあります。

 

これは普段の生活習慣に問題がある可能性があります。

 

肌荒れの原因の一つに喫煙があります。

 

煙草を吸うと血液中に一酸化炭素が多くなり、酸欠の状態になります。

 

またコラーゲンなどの産生に必要なビタミンC も煙草に含まれる成分によって壊されてしまうので、喫煙習慣があるという人は肌荒れが治りにくくなります。

 

夜更かしをしやすいという人も、肌荒れが治りにくくなります。

 

午後10時〜午前2時の間は、身体は新陳代謝を行う時間帯になっています。

 

ですが、新陳代謝は眠っている間に行われます。

 

夜更かしをする人はこの新陳代謝の時間がなかったり短いということが多くなりますので、どうしても新しい細胞を産みだすことが出来ず、いつまでも古いお肌の細胞が肌の表面を覆ってしまうために肌荒れが起こりやすくなります。

 

午後10時〜午前2時まではかならずしっかりとした睡眠をとるということを心がけることが重要です。

 

新陳代謝がしっかりとできるようにしてあげることで、肌荒れも改善して行きますよ。