野菜不足で肌荒れ

野菜が不足すると免疫力も下がる

野菜の摂取量が少ないと風邪をひきやすくなったり肌荒れなどが起こりやすくなります。

 

実は野菜の摂取量が少ないと腸内環境が悪くなり、免疫力が低下してしまうことが原因になります。

 

免疫力というのは病気になりにくくする力のことですが、この免疫力は実は腸内で約7割が作られています。

 

悪玉菌によって免疫細胞が鍛えられますが、悪玉菌の力が強すぎると免疫細胞は悪玉菌に負けてしまいます。

 

免疫細胞が負けてしまうと、当然ですが免疫力は低下します。

 

腸内に悪玉菌が必要というのは、この免疫細胞を鍛えるためなんです。

 

ですが、悪玉菌が強すぎると免疫細胞は腸内で死んでしまいますから、善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7という腸内細菌のバランスが重要になります。

 

この腸内細菌のバランスを整えるためには、腸内環境を整えることが必要ですが、野菜不足になると腸内環境が悪化してしまうために悪玉菌の力が強くなってしまいます。

 

しっかりと野菜を摂取して、善玉菌である乳酸菌やビフィズス菌を取り入れ、食物繊維が豊富な食事で便秘を改善して行くということが大切になります。