野菜不足で肌荒れ

野菜を食べて腸内環境を改善しよう

便秘は肌荒れの原因。

 

という話しを聞いととがある人は多いですよね。

 

便秘をはじめとした腸内環境の悪化というのは、肌荒れが起こる原因がとても沢山あるんです。

 

この腸内環境の改善は、実は野菜をたくさん食べることで改善していくことが出来ます。

 

ベストな腸内環境というのは、便秘がないこと、そして腸内細菌のバランスが良いことです。

 

腸内細菌は善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7というものがベストバランスです。

 

日和見菌は善玉菌の力が強ければ善玉菌を助け、悪玉菌の力が強ければ悪玉菌を助ける役割を持っています。

 

つまり善玉菌が2割あれば、日和見菌は善玉菌の手助けをしてくれます。

 

この善玉菌、乳酸菌やビフィズス菌などで、糖分をエサにして腸内で働きます。

 

善玉菌が多く含まれている食品としては発酵食品や野菜類があります。

 

善玉菌の餌になる糖分も野菜には沢山含まれていますので、野菜を食べることで善玉菌と一緒に餌を届けることもできます。

 

また、野菜には食物繊維が豊富なので、便秘改善にも役立ちます。

 

野菜を食べて腸内環境を整えて、肌荒れを改善させていきましょう。